うつ病はストレスが大きな原因として発症します

  1. ホーム
  2. うつ病の治療

うつ病の治療

葉っぱ

うつ病発症が多くなっている現代では、うつ病の治療も多様化しています。ですから、うつ病を発症した場合でも改善が期待できます。以前までのうつ治療は薬物療法が一般的でした。しかし、薬物療法は十分な効果がある反面、副作用によるリスクも存在していました。その為、うつ治療における様々な療法が研究されています。その結果、薬物療法と平行して行われることが多いカウンセリングを主とした心理療法も効果があると分かっているのです。心理療法はカウンセラーと合うかで効果が左右されることがあるのが難点になっていますが十分な効果を期待できるでしょう。また、ストレスの原因となる感情をコントロールする認知行動療法も近年は高い実績を残しています。その為、心理療法と同様でメジャーなうつ治療となっていると言えます。さらに、薬を使用する薬物療法やストレスの原因を改善していく心理療法や認知行動療法に加えて医療機器による治療も開発されています。その為、治りにくかった重度のうつ病でも効果的に治療を進めていくことができるでしょう。

うつは以前まで医師による問診だけでしたが光トポグラフィー検査といった検査方法でデータに基づいた診断に加えて診断精度が上がっているのです。診断精度が上がることで、症状に応じた治療ができ早期の改善が可能となっています。うつ治療で重要な役割をしている光トポグラフィー検査とは、身体に影響のない近赤外線を頭皮に当てて前頭葉や側頭葉の血流がどのように増加しているかを測定します。そして、うつ病に見られる血流パターンと比較してうつ病を発症しているかを確認するのです。また、発症が確認されればどんなうつ病のタイプか診断できます。また、機器を使った治療として磁気刺激治療法があります。磁気刺激治療法とは、8字型の電磁石によって出される急激な磁場の変化を使って頭の外側から脳に直接刺激を与えて改善を目指す治療となります。磁場刺激療法は、前頭葉だけに効果的に刺激をすることが可能です。さらに、弱い電流なので副作用がほとんどないことが特徴と言えるでしょう。このように、うつ治療には原因となるストレスを解消する治療や機器を使った治療といった多様な方法で改善をしていくのです。原因を知らないとストレスを溜め込んでしまう一方で、悪化してしまうので早めの内に治療を進めていくと良いです。