うつ病はストレスが大きな原因として発症します

  1. ホーム
  2. うつ病の時期

うつ病の時期

相談

うつ病の疑いがあるとすぐに病院に行って治療をしないといけません。また、うつ病は診断を受けてから回復するまで時間がかかります。しかし、回復する期間は個人差があり症状によっても違いが出てきます。ですから、早期の発見と早期の治療がうつ病を治すのに非常に大切なことと言えるでしょう。また、治療をする上でうつ病のことをしっかりと理解しておくことが必要となります。病気としっかり向き合うことで、治療にも良い影響を与えるようになるでしょう。

うつ病には急性期・回復期・再発予防期と大きく3つの段階に分けることができます。また、この期間には典型的な経過と目安となる期間があるので知っておきましょう。まず、診断をされると薬物治療を開始します。この際には、十分な休養をとることが重要です。そして、急性期は治療を始めてから1~3ヶ月程で症状が軽くなります。急性期の時の薬物治療は、抗うつ剤を少しずつ服用して効果を待ちます。そうすることで、無理なく原因を解消ができるでしょう。さらに、症状の変動があり一進一退を繰り返し徐々に改善する回復期があります。回復期は、日によって症状の波があるのが特徴です。この時に、気をつけたいのは体調が良くなったからといって無理をすると症状が悪化します。回復期では、うつ病の原因を解消できている段階ではないので焦らずゆっくり治療を進めていく必要があります。また、回復期は4~6ヶ月かかる場合が一般的となっています。回復期が過ぎ、症状が安定して社会復帰ができるようになるのが診断から1年以上経った再発予防期となるのです。再発予防期は、うつ病の原因をしっかりと解消できている時期と言えるので体調が安定します。しかし、うつ病は再発しやすいという特徴があるので油断は禁物です。その為、再発予防期でも薬物治療を継続して再発予防しながら調子の良い状態を保つようにして下さい。また、再発をしないためにうつ病になってしまった原因を考え直すことが大切になるでしょう。そうすることで、再びうつ病で苦しむという可能性はなくなります。うつ病は、段階によって症状が変わるので状況に合った方法で治療を進めていくようにしましょう。このようなことをしっかりと理解していると、早期の回復が期待できるようになります。